音楽理論記事一覧

音楽とコード

音楽コードの基本

コードとは和音の構成を記号化したものです。コードにはさまぎまなものがありますが一般的によく使われる基本的なコードの確認です。
音楽を始めて行うときにはよくわからなくて小文字を省略したりしてしまいますが、音色はえらい違いです。

○メジャー・コード
ルート(根音)+長3度+完全5度を組み合わせたコードをメジャトライアド(長三和音)と呼びまして、まあド・ミ・ソですね。メジャーコードがコードの基本となります。記入はCDEFGとかかれます。
メジャーコードを基本に長6度、長7度が付け加えられたり、5度の変化音、3度の代わりに完全4度を使ったsus4(サスフォー)などのコードがあります。

(コード表記)
C C6 C△7 C(#5)C♭5 Csus4


○マイナー・コード
ルートと短3度、完全5度を組み合わせたコード。メジャーコードとの違いはを3度の音が半音低いだけです。マイナー・トライアド(短三和音)と呼び、メジャー・トライアドが明るく楽しい響きだとするとマイナー・トライアドは暗く、寂しい悲しい響きです。
マイナーコードにも長6度、長7度などを付加音としたコードも含まれ
ます。ルート音を大文字で書き、その横に小文字で「m」が入ります。

(コード表記)
Cm Cm6 Cm△7


○マイナー7thコード
マイナー・トライアドに短7度を加えた場合はマイナー7thコードといいます。ラのマイナーコード(Am)であらわすとマイナー7thコードは(Am7)となります。この場合ラ・ド・ミ・ソとなります。
ルートより上ではCのメジャーコードと同じ構成となります。メジャー・トライアドが作られる形なのでそれほど暗い響きの印象はありません。

(コード表記)
Cm7


○マイナー7th(♭5)コード
だんだん複雑になっていきますがマイナー7thコードの完全5度を減5度にしたコードがマイナー7th(♭5)コードです。減三和音(ディミニッシュ・トライアド)に短7度を加えたコードともいえ、ハーフ・ディミニッシュ・コードとも呼ばれることもあります。
コード的にはアクセントに使われますね。

(コード表記)
Cm7(♭5)


○ドミナント7thコード
メジャー・トライアドに短7度を加えたコードで5度の変化音や、
3度の代わりに完全4度使ったsus4などのコードも含まれます。
セブンスコードはブルースでも多く使われるコードですね。

(コード表記)
C7 C7(#5) c7(♭5)C7sus4


○デイミニッシュ(7th)コード
減三和音に減7度を加えたコードがデイミニッシュ(7th)コード。
減7度は場合によってダブル・フラット(♭♭)の記号を使用することもあります。異名同音程の長6度で記されることがよくあります。

(コード表記)
Cdim

音程

音程の基礎知識

音程はある2つの音の高さの距離で、楽譜上メロディやハーモニーの動きを把握するために欠かせません。楽譜もしくはピアノの鍵盤を思い出しながら読んでみると理解が早いと思います。

音楽のコードと音程についてですが、コード(和音)は3音以上の音の組み合わせをさしていますが、単に2つの音の高さの差のことを「音程(インターバル)」と呼んでいます。
例外としてコード構成音を省略して2音構成にするケースではコードとして分類され、パワーコードなどといわれたりもします。

音程は「度」で呼び、完全1度はユニゾンと呼びます。同じ音程ということですね。

短2度は半音(セミトン)、長2度は全音(ホール・トーン)、
完全8度はオクターブ(音は同じで高い音)とも呼ばれます。

また楽譜上は違う音程ですが実際には同じ音程となるものを異名同音程(エンハーモニック・インターバル)と呼びます。
ファ#とソ♭は記譜は違うけれどもピアノで押さえるところは同じですね?
増4度と減5度にはトライトーン(三全音)という特別の名称が付けられています。
基本的に増音程は完全音程または長音程が変化記号などによって半音広げられたもので,減音程は完全音程または短音程が変化記号などによって半音短くなったものといえばいいのでしょう。
歌の音程が悪い人はこの音程の差がばらばらということができるでしょう。

音程の転回

音程をつくる音を1オクターブ下げたり1オクターブ上げると、元の音程が転回され新しい音程に変わります。
(ドとミ→ミとド、ソとシ→シとソとう具合に片方の音を上げ下げするということです。)

音程を転回すると長音程を転回すると短音程、短音程を転回すると長音程になる特徴があります。増音程の転回は減音程、完全音程の転回は完全音程のままです。2つの音程の音の開きが変わるんだなあ、と覚えておくといいでしょう。
オリジナルの度数と転回された度数を足してみると「9」になります。
上に書いた(ドとミ)の場合、三度音程ですが、(ミとド)にすると6度音程となります。

ある音程を転回させると,音の響きや広がり変化するのでサウンド自体の性格はそのままに音のイメージだけ変えることができます。
ギターやピアノの楽器演奏では転回形を使うことで指の移動を減らすことができたり、急な音の高さの変化を抑えることができるようになります。
音楽無料ガイドHOMEへ