元ちとせとGooブロードバンド

歌手の元ちとせがフジテレビ系アニメ「ミヨリの森」で声優デビュー決定。「ミヨリの森」は蒼井優(21)と市原悦子(71)と共演する話題作で、元ちとせの役は森の精霊のリーダー的存在。「天空の城ラピュタ」「もののけ姫」の美術監督を務めた山本二三監督に抜てきされ元ちとせの声優デビューが決まった。主題歌も元ちとせが担当する「ミヨリの森」はテレビアニメとしては制作費2億1000万円を投じた大作で早くアニメも元ちとせの新曲も聴きたいですね。Goo ブロードバンドあたりの音楽無料試聴ができるようになるといいなあ。Gooブロードバンドはアーティストの曲を無料視聴出来るサイトで、使っているネット環境によって低画質から高画質の音楽ファイルが揃っているので使いやすいです。
Gooブロードバンドナビの使い方は試聴したい音楽のジャンル一覧を探して無料動画やアジア韓国ドラマ、アニメ/グラビア/趣味スポーツ/講座/映画ドラマ/音楽とひろく試聴できるサイトです。Gooブロードバンドナビは無料動画一覧から検索できます。
元ちとせの試聴はどっちになるかな。Gooブロードバンドナビは定額制の有料番組もあるので(Gooブロードバンドナビのサービスパック[BROBA]は月額300円で試聴できます。グラビア系の放送も豊富。音楽では洋楽のライブ映像が毎月500円で見放題といったサービスをしてます。)Gooブロードバンドナビでは元ちとせの映像や新曲も見られるかな?Gooブロードバンドナビの視聴にはgooIDの無料登録が必要。他の無料動画の映像も視聴が可能。
ちなみに元ちとせの本名は同じで1979年1月5日生。女性歌手で元ちとせは奄美民謡歌手でもあります。元ちとせの出身は鹿児島県大島郡瀬戸内町(奄美大島)嘉徳。

後藤真希とBARKS(バークス)

後藤真希の新曲「シークレット」がヤフーのリアルタイム無料動画配信チャットイベント「Yahoo!ライブトーク」にゲスト出演しました。
音楽動画配信サイトや無料視聴、ニュースの音楽無料サイトといえば
BARKS(バークス)などたくさんありますが、今回はYahoo!ライブトークでしたか。

後藤真希(ゴトウマキ)プロフィール
後藤真希の生年月日は1985年9月23日
血液型はO型
後藤真希の出身地は東京都
趣味は料理と買い物でこれまた魅力のひとつです。

「ライブで起きた最大のハプニングは横浜アリーナのライブで、歌ってる最中に衣装の胸のボタンがはじけ飛んだこと。下着が見えちゃうので慌てて衣装を手で押さえながら歌いきりました」と、ますます後藤真希を見たくなる発言も。このようなアーティストの最新情報は音楽ニュース、無料動画配信、無料試聴ができるBARKS(バークス)を毎日チェックしておくと入ってきます。BARKS(バークス)は音楽情報のポータルサイトとしてミュージックエンターテイメントの最先端です。
BARKS(バークス)はインターネットラジオもやっていて過去の放送もさかのぼって見ることもできますし、他の音楽試聴サイトの最新情報を全部調べるんではなくてまとめて知るのに便利ですね。
BARKS(バークス)提供記事を活用して今回の後藤真希のようなアーティストのニュースを早め早めに知っておくと限定の音楽無料配信を見逃したなんてことがなくていいですよ。JPOP/洋楽/ヒップホップという風にジャンル分けされたBARKS(バークス)の音楽ニュースをみておきましょう。ソーシャルニュースといった音楽ニュースを共有しあう機能もあって使いこなすとさらに音楽通になります。
なによりアーティストの楽曲・動画の試聴ができるのがBARKS(バークス)はうれしいです。

TSUTAYA online

レンタルビデオでおなじみTSUTAYA(ツタヤ)と、J-POPの新譜ビデオクリップの紹介があったり、ライブ中継、ストリーミング放送を行っているインターネット放送局「Ch.VI」の対決です。

「TSUTAYA online」
TSUTAYA(ツタヤ)全国展開のレンタルだけではなくビデオ、DVD、CDの販売で会員も拡大している駅前でおなじみのお店。
TSUTAYA(ツタヤ)は本やゲームソフトの販売までも行っていて、顧客獲得のための戦略がすばらしい。TSUTAYA onlineなどはビデオレンタルとかCD・DVDで毎月半額クーポンサービスをしたり、会員登録人数を増加することに成功してます。携帯メールの登録でよいのがTSUTAYA(ツタヤ)の凄いところ。登録しやすいんですよね。

vs

「Ch.VI」
対するCh.VIはリリースされる新曲や注目曲を24時間放映しているインターネット放送。Ch.VIのチャンネル「Victor Entertainment NEW RELEASE」(ビクターエンタテインメント)、ビデオクリップをフル試聴のコーナーは音楽サイトの中でも充実。
必要な再生プレイヤーはWindows Media Player(ウィンドウズメディアプレイヤー)とReal Player(リアルプレイヤー)。
どちらも無料でダウンロードが可能。
Ch.VIの一番下のページにWindows Media Player(無料)とReal Player(無料)がダウンロードできるアイコンがあります。
Ch.VIは豊富な番組ラインナップを持ってます。webラジ・TV埼玉「MUSIC TRACK」・「牧野由依の表サンドロビッチ」 牧野由衣・チャンネルエムサ・サウンドカフェTV…といったコンテンツの中で気に入るものがあるでしょうか?

TSUTAYA onlineとCh.VIの違いといえばオンラインではなく街に実際にお店があるかどうか。実店舗のあるTSUTAYA onlineはその分有利でしょうか?自分の目でCDのジャケットを確認できることと、パソコンをいじらない人もターゲットにしていることが理由です。
あ、TSUTAYA onlineはオンラインショッピングも行っていますね。
このTSUTAYA onlineでも実は無料試聴が可能なのです。その点では「Ch.VI」と近い部分がありますが、インターネット放送の利点で楽曲の放送時間も長くなる分、音楽サイトとして完結するなら「Ch.VI」が有利でしょうか?
駅前のTUTAYAでも行っていますがネットのTSUTAYA onlineも「@試聴機」コーナーというものを設けています。売れ筋のCDやDVDも最新曲や話題曲もご覧になれます。

あなたならどっちを選びますか?
ゲームの予告なども動画で確認したいならTSUTAYA onlineが強いですかね。

クラシック音楽視聴

クラシック音楽をおだやかに試聴するのは余裕がないとできません。音楽は娯楽ですからねえ。ようやくクラシックをじっくり聴く環境ができたのでクラシックにはまってみました。

ポップスのコブクロも好きだし最近の絢香の声も凄く好きで、基本的にはポップスがルーツなのですけれど、たまにはのんびりとかつ、リッチな気分でいこうかなという狙いがあったのです。
あとはクラシックコンサートに出演する友人がいるのでクラシックに慣れておこうということですね。
僕はさしずめ歌手側ですからテノールチックな声で近所の苦情をいただいています。

クラシックの試聴ですが、音楽視聴ができるサイトはいろいろありますけれど、クラシックを聴くならばFM01というサイトが無料ですし、専門チャンネルですし、お勧めですね。

お墓の前で泣かなくてもいいけれど、クラシックの前では泣いてしまいます。「千の風になって」の大ヒットの後、『あの人らしかったね』といわれる自分なりのお別れ」という本が出るのに際していちいち取り上げるほどの知名度になった秋川さん。クラシックの牽引車としてがんばって欲しいですね。

さてそのクラシック、ネットでも試聴サイトがあります。
FM01はクラシック音楽を中心にした音楽専門インターネットラジオですからクラシック音楽を聴きたい人には最適です。

FM01はクラシック楽曲を24時間ストリーミングで配信しているので気が向いたときにはたまに使っています。タイトル自体は底まで詳しいわけではないのですが、気分にあういいクラシック音楽を検索するのにも便利な検索機能が備わっています。

今なら「千の風になって」が大々的に広まっている音楽ジャンルですが、懐かしい映画のミュージックあたりもセレクトしながら悠々尾酒を飲むのって大人かなあなんて思っています。

Channel-1の他、週替わりで番組が変わるChannel-2、合奏団「フィルハーモニカ・トウキョウ」専門のChannel3といった音楽チャンネルが用意されていて、合奏団の音楽を聴く機会ってなかなかないので一押しですかね。

FM01で音楽を試聴するにはmp3フォーマットの再生ができる音楽プレイヤーが必要で、もしも持っていない場合でもFM01から飛んで無料ダウンロードができますから心配ありません。

自分の生活には程遠いクラシック音楽ですが、このような音楽視聴ができるストリーミング放送があるために少しだけ音楽が身近になりました。
音楽無料ガイドHOMEへ