音楽 著作権記事一覧

音楽著作権

音楽著作権はネットでますます便利になる音楽配信やダウンロード、歌詞検索のサービスを考えるとアーティスト側からすると真剣に取り組まなくてはいけない問題です。音楽を始め、著作物には著作権というものが発声しています。インターネット上の情報も同じことがいえて、ブログの文章にも著作物としての著作権があります。文章や写真の無断使用は禁じますという文章を見たことがありますか?
音楽著作権を理解したうえで音楽サイトを利用していくことがミュージシャン音楽ユーザー奏法にとって必要になります。
まず音楽などの著作権は、「知的財産権」と呼ばれている権利のひとつで他には特許権・商標権と呼ばれる産業財産権もこの「知的財産権」に含まれています。著作権手何かといえば、財産を守ろうってことですね。特許、商標登録済みの商品、ロゴなどは無断の使用ができないわけです。産業財産権(特許権・商標権)は産業や経済の発展を目的としている制度です。ここが著作権との違いで「著作権」は「文化の発展」を目的とする権利です。音楽は文化と聴けば納得のいくものですが、著作権は音楽をはじめとする創造的なもの、音楽ならばメロディ、歌詞、楽曲がそれにあたりますし、芸術の分野では絵画や小説、映像作品、映画、コンピュータプログラムも著作権で保護される著作物です。著作権法では著作物を「思想又は感情を創作的に表現したものであって、文芸、学術、美術又は音楽の範囲に属するものをいう。」(著作権法第2条1項)と定義しています。 特許と違う点は、日本では著作権は権利の取得のためにどこかに登録する必要がないことがあげられます。すなわち著作物を創作した時に自動的に権利が発生するのが著作権です。新曲を作った時点でそこには音楽著作権が発生しているのです。プロのアーティストの作品でなくてもアマチュアミュージシャンの無料音源を使った楽曲も著作権があるということです。
「著作権」を持った作品著作物を利用したい時には製作者、著作権者に利用を認めてもらわないといけません。これを許諾権といいます。著作権者は著作物の申し出に対して自由に使用の許可・禁止をすることができます。どの程度が音楽著作権侵害に当たるかですが、個人的な利用にとどめるならば問題はおきません。CDでいうならば、「私的使用のための複製」は著作権法で認められています。家でダビングしたCDを聞いたりする分には著作権侵害には当たらず、その音源を商用利用するような際に音楽著作権侵害に当たってきます。レンタルCDはダビングして聴いても問題はありません。
音楽無料ガイドHOMEへ