音楽療法記事一覧

音楽療法士とは

音楽療法士って素敵な響きのあるお仕事ですね。
プロのミュージシャンでCDセールスやプロモーションに力を入れて回っていく職業ではなく、音楽を治療の分野でつかえないかということで音楽療法士は注目を浴び始めました。

音楽を聴くということはリラックス作用やストレス発散にいいことはもう知られていますがこれを医学的見地でみていくと音楽療法士の役割が見えてきます。いい音楽のメロディを聴いたり、すばらしい声のシンガーの歌に聞きほれると誰でも元気が出たりするものです。

音楽療法は音楽の持つ生理的・心理的・社会的働きを利用して、心身の障害の回復、機能の維持改善、生活の質の向上、行動の変容などを狙うものです。音楽によって障害の克服の手助けを使用という試みです。

音楽療法では音楽を意図的、計画的に使用していくわけです。普通に考えても音楽が脳に働きかける作用というものが何かしらあるのだろうことは用意に考えられますが、医療にいかそうと本気で考えた人がいることは凄いことですね。

音楽療法は音楽を媒介に、認知症(痴呆症)の患者に対してのコミュニケーションを図ったり、高齢者、精神障害者、交通事故などによる脳障害後遺症を持つ患者に通常難しい治療効果として音楽に触れさせていく職業です。他にも脳性まひや小児まひ、自閉症児に対してコミュニケーションを図っていくのが音楽療法の役割で、聴いただけでもひょっとして高価があるかもと興味を持つにいたりました。

コミュニケーションができない患者に言葉でアプローチするのは大変です。うちにも祖母がいるのでわかります。演奏を聞かせてあげることや、歌を唄うことで回復を図る音楽療法士の資格が広く認められたら音楽にかかわる人間にとってもうれしい話ではありますよね?
現在、音楽でリハビリ効果を狙う音楽療法士の資格は日本音楽療法学会などが認定している民間の認定で音楽療法士は国家資格ではありません。
音楽療法の資格の認知度も大きくなく、これからの音楽療法の成果しだいで変わっていくことになるのでしょうが、音楽界から政治に出馬する人間でもいないと音楽療法士は国家資格に向けて全身は長くかかりそうですね。

患者が音楽にどれくらいかかわっていたかも治療の効果には影響しそうだなと考えていますが、音楽療法士はどうなっていくんでしょうね。
音楽無料ガイドHOMEへ