グッさんの音楽屋台

MUSIG音楽屋台見てますか?あんな屋台があればみんないきたいと思います。この間もSoweluや藤井フミヤがでていてみんなでI LOVE YOU さよならを熱唱。興奮しました。まあ基本的にはSoweluばっかり見ていたのですが。

グッさんの音楽屋台はバラエティとアナログ音楽をうまいバランスでミックスした番組ですね。トーク番組としての面白さと、アーティストや音楽のすばらしさを噛み砕いてお知らせしてくれてます。
(グッさんの音楽屋台は日本テレビ毎週月曜深夜0時56分から放送中、読売テレビ毎週木曜日深夜0時26分から放送中)

ぐっさん(山口智充)が音楽屋台の主人として毎回立ち寄るミュージシャンと語り合い、アコギで唄い出す番組ですが、音楽を愛する人間にはある意味理想的な設定ですね。
(もちろんぐっさんのポジションになりたい)
元フジテレビアナウンサー木佐彩子もいい味だしています。
musigでのセッションのようにこの間、仲間と一緒に飲み屋にギターもちこんでセッションしたんだけど周りがあんまり音楽の演奏とか唄うことになれていない連中で一人浮きがち…あの環境いいよね。

MusiGは最近「今週の丸投げ」やらないですね。ぐっさんこと山口智充の芸人の腕が伺える楽しみなコーナーなんですが。
(番組スタッフが出すお題を元に即興で歌を作る「今週の丸投げ」二人の掛け合いを見ているとブルース足す大喜利といった具合で刺激されますね。数分のコーナーなのにこのコーナーだけでもいいくらい面白い。お題自体もくだらなくてよろしい)

これまでのMusiG グッさんの音楽屋台!!!ゲスト

グッさんの音楽屋台 第1回 TRF 高橋瞳
「今週の丸投げ」ランドセルの歌
グッさんの音楽屋台 第2回 BoA BEAT CRUSADERS
「今週の丸投げ」ミートスパゲティの歌
グッさんの音楽屋台 第3回 松岡 充(SOPHIA) SunSet Swish
「今週の丸投げ」東京タワー
グッさんの音楽屋台 第4回 K(ケイ) 大木こだまひびき
「今週の丸投げ」初鰹
グッさんの音楽屋台 第5回 川嶋あい T&T(藤井 隆&島田珠代)
こういう瞬発力で一気に歌を唄えるにはある程度の楽器演奏能力とか
歌心がいりますね。

「今週の丸投げ」ルービックキューブ
グッさんの音楽屋台 第6回 小柳ゆき AAA
「今週の丸投げ」山本耕史
グッさんの音楽屋台 第7回 美勇伝 琉球チムドン楽団
「今週の丸投げ」続・山本耕史
グッさんの音楽屋台 第8回 w-inds. ナナムジカ コージー
「今週の丸投げ」(山本耕史)、NYで武者修行!?
グッさんの音楽屋台 第9回 愛内里菜 中ノ森BAND
「今週の丸投げ」山本耕史NYに行ってきました
グッさんの音楽屋台 第10回 未公開スペシャル 「グーチースーパースペシャルナイト!」

丸投げはくだらなければくだらないほどいい!

グッさんの音楽屋台 第11回 スガシカオ 上木彩矢
「今週の丸投げ」『メイド』初体験!メイドと
萌え萌えゲーム!!
グッさんの音楽屋台 第12回 島谷ひとみ GOING UNDER GROUND
「今週の丸投げ」前回に引き続き『メイド』
グッさんの音楽屋台 第13回 つんく♂ なし
「今週の丸投げ」丸投げ初!屋外での曲作り!『芝公園スタジオ』
グッさんの音楽屋台 第14回 Rinka(梨花) 東方神起
「今週の丸投げ」最新水着情報
3人の水着美女にタジタジ!?
グッさんの音楽屋台 第15回 藤井フミヤ 玉置成実
「今週の丸投げ」最新水着

2週にわたってやってるものはまとめて撮影したものでしょうか?

グッさんの音楽屋台 第16回 鈴木亜美 マジーとレギュラー
「今週の丸投げ」ハワイスペシャルゲストにジェイク・シマブクロが登場!
グッさんの音楽屋台 第17回 倖田來未
「今週の丸投げ」ハワイスーパー・ウクレレ・
プレーヤージェイク・シマブクロとセッション!
グッさんの音楽屋台 第18回 大友康平 アップダウン
「今週の丸投げ」アルバイト募集の貼り紙
グッさんの音楽屋台 第19回 BONNIE PINK 大田クルーと温水洋一
「今週の丸投げ」カブトムシ&クワガタ
グッさんの音楽屋台 第20回 未公開スペシャル
「グーチー真夏のスペシャルナイト」 未公開!爆笑トーク集!

張り紙シリーズは誰か気に入っちゃったんだろうか、これでもか!というくらい続きますね。

グッさんの音楽屋台 第21回 Every Little Thing ムック
「今週の丸投げ」店頭の貼紙
グッさんの音楽屋台 第22回 mihimaruGT 間 重美
「今週の丸投げ」駐車禁止の貼紙
グッさんの音楽屋台 第23回 郷ひろみ なし
「今週の丸投げ」休業の貼紙
グッさんの音楽屋台 第24回 工藤静香 なし
「今週の丸投げ」警告看板
グッさんの音楽屋台 第25回 伴都美子 きりん(麒麟)
「今週の丸投げ」生徒募集の貼紙

この番組見てると音楽がいかに楽しいものか感じさせられるね。
佐野元春とぐっさんが「ポール or ジョン」日常でよく見る、人間のちょっとした行動をポール的か、ジョン的か判断するコーナーは空耳っぽいですけど。

グッさんの音楽屋台 第26回 総集編&未公開スペシャル 「グーチー秋のスーパースペシャルナイト」
グッさんの音楽屋台 第27回 渡辺美里 長澤奈央
「今週の丸投げ」階段利用推進の貼紙
グッさんの音楽屋台 第28回 DA PUMP 中 孝介
「今週の丸投げ」注意書きの看板です。
グッさんの音楽屋台 第29回 松下奈緒 ザ・ルーズドッグス
「今週の丸投げ」秋の味覚『栗』
グッさんの音楽屋台 第30回 大塚 愛 岸本早未
「今週の丸投げ」ミニカー
グッさんの音楽屋台 第31回 BoA なし
「今週の丸投げ」山本耕史誕生日
グッさんの音楽屋台 第32回 なし 林田健司さん、時東ぁみさん、武田雅治さん
「今週の丸投げ」拍子木
グッさんの音楽屋台 第33回 KREVA 嘉陽愛子
「今週の丸投げ」なし
グッさんの音楽屋台 第34回 ゴスペラーズ 奥 華子
「今週の丸投げ」おでん
グッさんの音楽屋台 第35回 CHEMISTRY SOFFet
グッさんの音楽屋台 第36回 スキマスイッチ RSP
グッさんの音楽屋台 第37回 EXILE なし
「今週の丸投げ」クリスマスツリー
グッさんの音楽屋台 第38回 橘 慶太 FLOW
グッさんの音楽屋台 第39回 総集編スペシャル「グーチー真冬のスペシャルナイト」
グッさんの音楽屋台 第40回 蔵出し未公開トークスペシャル!!
グッさんの音楽屋台 第41回 EXILE なし 今夜はヒューマンビートボックスに挑戦!!
グッさんの音楽屋台 第42回 Crystal kay 三枝夕夏 IN db
「今週の丸投げ」絵馬
グッさんの音楽屋台 第43回 Sowelu HOME MADE 家族
「今週の丸投げ」節分
グッさんの音楽屋台 第44回 Gackt なし
「今週の丸投げ」日曜大工
グッさんの音楽屋台 第45回 Every Little Thing 山口智充
「今週の丸投げ」バレンタイン・チョコレート
グッさんの音楽屋台 第46回 横山 剣(クレイジーケンバンド) いきものがかり
「今週の丸投げ」雪だるま
グッさんの音楽屋台 第47回 mihimaru GT 東方神起
「今週の丸投げ」卒業
グッさんの音楽屋台 第48回 吉川晃司 SunMin
「今週の丸投げ」お休み
グッさんの音楽屋台 第49回 山田 優 東京プリン
「今週の丸投げ」たてぶえ
グッさんの音楽屋台 第50回 鈴木亜美 dj KENTARO
「今週の丸投げ」桜
グッさんの音楽屋台 第51回 グーチー桜満開スペシャルナイト!
グッさんの音楽屋台 第52回 石井竜也 川嶋あい
グッさんの音楽屋台 第53回 ウルフルズ 後藤真希
グッさんの音楽屋台 第54回 藤井フミヤ AAA(トリプル・エー)
グッさんの音楽屋台 第55回 CHEMISTRY 黒川芽以
グッさんの音楽屋台 第56回 キューティー★マミー モーニング娘。
グッさんの音楽屋台 第57回 中川翔子 水樹奈々
グッさんの音楽屋台 第58回 K Foxxi misQ

ライブビート公開収録

ライブビートはNHK-FMで放送している公開録音で届けられる番組でこういう公開音楽番組は熱いっすね。ライブ自体は見たことなくても番組に見に行ったことがるやつが周りにも結構います。

ライブビートではヴィーナス・ペーターのベーシストである古閑裕がDJをつとめていて、ファンは必ずチェックという感じですが、音楽をやる人にとってもそのテンションは知っておいてもいいですね。

伝説的なロックバンド、ムーンライダーズのリーダー鈴木慶一がBBC担当DJをつとめているので音楽ファンからすればこの2人だけでももうけもの。熱い音楽の鼓動が伝わってくる番組です。

サイトを確認してみるとライブビートのロゴはちょっとお茶目でコミカルなイラスト。それもそのはずこのライブビートのイラストは、でたーーーー!吉田戦車さん!
吉田戦車の作品のようですね。

毎週HOTなLIVEが聴ける番組。収録は主に、NHK 渋谷 505スタジオで行われ、閲覧が希望の場合は往復ハガキによる応募抽選が行われます。(今はやっていないかな?)

ライブビートは閲覧が無料なのがうれしいところ。生の音楽に触れる機会ってネットで何でも聞けたりすると減っていきますが、ライブビートの番組公開録音では普段とは違ったバンド編成やゲストの参戦でここでしか見られない実験的なライブが頻繁に行われているようなので参加したほうがより音楽を深く知るなあ。

野球観戦と同じですね。テレビ中継では味わえない興奮がスタンドでは味わえる。音楽も同じです。

ライブビートの録音の時のキャパは300人くらいで、サウンドも聞き取りやすいです。

さて、ライブビートのオンエアータイムは毎週水曜日23:00〜24:10で、LIVEハウス級のアーティストが多数登場しているのでまずはライブビートの放送を聞いてみましょう。

音楽シーンの最前線で今何がおきているのかを知る事が出来るのがライブビートですね。
毎月最終水曜日はイギリスの放送局BBCが収録した海外アーティストのライブ音源がオンエアされますのでこちらも見逃せません。

僕らの音楽

僕らの音楽は毎週チェックしていて好みのアーティストが出たりすると、わくわくしてたまりません。
大体好きなアーティストの出演する番組というのはそのアーティストの曲を聴きたいというのもありますが、むしろトークを聞きたいという場合が多いです。

僕らの音楽は曲よりもむしろトークが主体になっているのでミュージシャンならではのエpソードとかが楽しみでなりません。

僕らの音楽の放送はフジテレビにて毎週金曜日、夜23時半からの30分放送中ですけれども、ミュージシャンの本音をさらけ出すトークの部分に惹かれている肩もきっと多いでしょう。

ファンにしても、音楽をやっている方にとってもアーティストの本音を聞ける機会というのはなかなかないですからね。バラエティを知り尽くしたフジテレビだからこその発想の気がしていますが、音楽を始めたきっかけとか今後の目標みたいなものは、音楽をやる人にとっても指針になったりしますね。

僕らの音楽ならば曲を歌うシーンはいらないんじゃないか?と思うくらいです。

07年5月放送分は濃いトーク満載でした。鬼束ちひろの声がびっくりするくらい、なまってしまって、これからどれだけ取り戻すのかが気にかかりました。

その前の週の僕らの音楽に出演した郷ひろみのエンターテイメントに身をささげる姿にはロック魂さえも感じるし、僕らの音楽の主題化が流れ出すと急げって感じでテレビの音量を上げています。

あ、僕らの音楽のテーマ曲は携帯で配信しているみたいですね。

いらない位といった楽曲ですが、僕らの音楽だけの大人びたアレンジも結構好きで、アンプラグド的な切り口が多いのもアーティストの生の声や感情表現を引き出すのに一役買っていますね。
再放送、もしくはDVD化されたらそれこそ爆発的なヒットをするんじゃないかななんて勝手に思っています。

気づいたら司会者のいなくなっていた僕らの音楽ですが、話したい人と話すというコンセプトがあたったのか、出演者も話しがしやすそうですね。

題名のない音楽会

題名のない音楽会はテレビ朝日系の毎週日曜日9:00から放送の30分間の音楽バラエティ番組。

昔かア日曜日になるとやっていて、早く起きて題名のない音楽会がやっていると、もう一度寝てました。

最近はだいぶ大衆向きになりポップス中心の楽曲選択になっていますが、(これは小学校の音楽の教科書でポップスがのっているのとおんなじですね)それでも題名のない音楽会は他の音楽番組とは一線を画す構成で、バンドが出て演奏するわけではなく、演奏は楽団。クラシック音楽に親しみを覚えやすくしてくれる長寿音楽番組となってますから最近のクラシックブームで域を盛り返している感じです。

成長して、日曜の朝に題名のない音楽会が始まると優雅な気持ちになるんですよね。

題名のない音楽会の司会者は07年春現在で作曲家・ピアニストの羽田健太郎が務める。アシスタントは久保田直子が務めている。

羽田健太郎のプロフィール

羽田健太郎は東京都出身の1949年生まれの音楽家で、桐朋学園大学音楽学部ピアノ科卒業したのち故井口基成氏、有賀和子氏に師事する。スタジオ・ミュージシャンとして数多くの歌謡曲やポップスのレコーディングに参加そているピアニスト。
羽田健太郎の作曲家としての作品では「超時空要塞マクロス」で日本アニメ作曲大賞を受賞。

東京音楽大学客員教授、日本作・編曲家協会(JCAA)理事でもある。

近年のクラシック音楽とポップスの歩み寄りが激しいと感じているけれども、題名のない音楽会をみるとその状況がさらに進んでいるのを痛感する。

2007年に題名のない音楽会で放送されたバックナンバー

・6月3日 「故郷を愛した男〜活弁士バニラのドヴォルザーク物語」
・5月27日 「オペラ界のドリームガール〜インドラ・トーマス」
・5月20日 「中村紘子〜ピアニストの条件」
・5月13日 「人気癒し系ヴォーカリストの挑戦!」
・5月6日 「オーケストラのお仕事体験」
・4月29日 「最新!注目アーティスト〜2007年の顔」
・4月22日 「堀内孝雄&松浦亜弥〜青春の歌・こころの歌(2)」
・4月15日 「堀内孝雄&松浦亜弥〜青春の歌・こころの歌(1)」
・4月8日 「常磐津はロックだ!」
・4月1日 「音楽の冗談〜ピアニスターHIROSHI」
・3月25日 「音楽界10大ニュース」
・3月18日 「団塊の世代が選ぶ映画音楽(2)」
・3月11日 「団塊の世代が選ぶ映画音楽(1)」
・3月4日 「天才を育てた グレートマザー物語」
・2月25日 「南こうせつ&川嶋あい〜父と娘のラブレター」
・2月18日 「姿月あさと 〜ショウほど素敵な商売はない」
・2月11日 「日本では音楽家は育たない!」
・2月4日 「ピアノ大喜利」
・1月28日 「2007年の注目アーティスト」
・1月21日 「川井郁子〜美しい日本のうた」
・1月14日 「第16回出光音楽賞受賞者ガラコンサート」
・1月7日 「フジコ・ヘミング×假屋崎省吾・花の宴」

2006年に題名のない音楽会で放送されたバックナンバー
・12月24日 「2000回記念(7) 世界のクリスマス」
・12月17日 「2000回記念(6) ガラ・コンサート(2)〜世界級アーティストによる映画音楽」
・12月10日 「2000回記念(5) ガラ・コンサート(1)〜超豪華アーティスト・夢の響宴」
・12月3日 「2000回記念(4) フジコ・ヘミング&モスクワ・フィル」
・11月26日 「2000回記念(3) クラシック珠玉の名曲」
・11月19日 「2000回記念(2) 佐渡 裕U 〜蝶々夫人の魅力」
・11月12日 「2000回記念(1) 佐渡 裕T〜世界への挑戦状」
・10月29日 「ジャズ界のモーツァルト・松永貴志〜オーケストラ楽器道場」
・10月22日 「谷村新司〜音楽世界旅」
・10月15日 「ちさ子の部屋〜ヴァイオリニスト美女12人」
・10月08日 「アキラさんの大発見シリーズ〜千葉県少年少女オーケストラ編」
・10月01日 「佐渡 裕&シエナ・ウインド・オーケストラ(2)〜二大音楽部活 夢の共演」
・9月24日 「佐渡裕&シエナ・ウインド・オーケストラ(1)〜熱血指導!高校生吹奏楽クリニック」
・9月17日 「トリプルピアノ(2)〜トリプルピアノが選ぶJAZZ名曲30!」
・9月10日 「トリプルピアノ(1)〜アレンジ・バトル頂上決戦!」
・9月3日 「秋祭り!海外アーティスト特集」
・8月27日 「葉加瀬アマデウス太郎のモーツァルト入門」
・8月20日 「イタリアの“ちょい不良(ワル)”貴公子〜パトリツィオ・ブアンネ」
・8月13日 「クラシック一発屋ランキング」
・7月30日 「ヌーヴォー VS ヴィンテージ」
・7月23日 「音楽のダ・ヴィンチ・コード(2)」
・7月16日 「音楽のダ・ヴィンチ・コード(1)」
・7月9日 「服部良一 生誕99年 〜甦るシンフォニック・サウンズ〜」
・7月2日 「ブレイク必至!セレブ注目アーティスト 〜in軽井沢〜」
・6月25日 「J−POPのプリンス・オペラに挑戦!河村隆一」
・6月11日 「ブロンド美人歌姫 キャサリン・ジェンキンス」
・6月4日 「シャル・ウィ・アレンジ?」
・5月28日 「ビートルズがくれたメッセージ〜音楽のシルクロード〜」
・5月21日 「次世代クラシックアーティスト」
・5月14日 「フジコ・ヘミング〜奇跡のピアノ協奏曲」
・5月7日 「フジコ・ヘミング〜奇跡の半生を語る」
・4月30日 「クラシック楽器入門 Part2」
・4月23日 「第2回 音楽センター試験」
・4月16日 「演歌の女王・華麗なる挑戦!(2)」
・4月9日 「演歌の女王・華麗なる挑戦!(1)」
・4月2日 「海を渡ったSAKURA〜Ryuとスーザンが歌う日本の心」
・3月26日 「祝フィギュア金『トゥーランドット』の魅力」
・3月19日 「天使の涙!イギリス美少年3人組」
・3月12日 「錦織健のオペラ・セレクト20!」
・3月5日 「渡る音楽界は鬼嫁ばかり」
・2月26日 「世界に翔く〜クラシック界のミューズ」
・2月19日 「J−POPラヴソング」
・2月12日 「第1回 音楽センター試験」
・2月5日 「マル秘裏側全部見せます!オーケストラ指揮者入門」
・1月29日 「クラシック楽器入門」
・1月22日 「日本の歌〜抒情歌 都はるみ&岡本知高」
・1月15日 「新春特別企画(U) 美しき歌姫たち」
・1月8日 「新春特別企画(T) 大ブレイク!海外アーティスト」

題名のない音楽会もこうしてみると優しくなりましたねえ。
音楽無料ガイドHOMEへ