Mr.Childrenプロフィール

Mr.Children(ミスターチルドレン)はいつのまにこんなにまでも巨大なバンドになったのだろう。気がつけば最も人気と実力を兼ね備えた日本を代表するバンドになっていた。ボーカル&ギター桜井和寿(櫻井和寿)、ギター田原健一、ベース中川敬輔、ドラム鈴木英哉の4人で構成されたバンドMr.Children(ミスターチルドレン)はミスチルの通称でもはや知らぬものなし。Mr.Children(ミスターチルドレン)のデビューは1992年5月10日。ミニアルバム「Everything」でメジャーデビューを果たした。世間にミスチルが広く知られるキッカケになったのは1993年の3rdシングル「Replay」がCM起用されたことから。そしてそのあと11月にドラマタイアップ曲としてリリースされたミスチル4thシングル「CROSS ROAD」はロングヒットで125万枚のセールスを記録。この時点でも音楽好きならばMr.Children(ミスターチルドレン)ば大ブレイクの予感を誰しもしていたはずである。そして予想通り1994年、5thシングル「innocent world」が193万枚の大ヒット。一躍トップアーティストの仲間入りを果たす。hアルバム「Atomic Heart」はなんとトリプルミリオンを達成し、時代背景も関係するとはいえ07年時点では考えられない快挙だった。さらに「Tomorrow never knows」は276万枚を記録しMr.Children(ミスターチルドレン)は濃く見てきなアーティストとなる。1996年には「名もなき詩」がリリース後1週間で120万枚を売り上げ、オリコンの初動セールス記録を大きく更新。この記録は破られていない。現在は小林武史、坂本龍一と「ap bank」を設立。「バンクバンド」としてライブの収益金やCDの印税を環境保全や戦争難民、恵まれない子供に寄付する活動を始めているあたりは音楽界の頂点にいることの責務を果たしているといえる。
音楽無料ガイドHOMEへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4499061
音楽無料ガイドHOMEへ