音楽とコード

音楽コードの基本

コードとは和音の構成を記号化したものです。コードにはさまぎまなものがありますが一般的によく使われる基本的なコードの確認です。
音楽を始めて行うときにはよくわからなくて小文字を省略したりしてしまいますが、音色はえらい違いです。

○メジャー・コード
ルート(根音)+長3度+完全5度を組み合わせたコードをメジャトライアド(長三和音)と呼びまして、まあド・ミ・ソですね。メジャーコードがコードの基本となります。記入はCDEFGとかかれます。
メジャーコードを基本に長6度、長7度が付け加えられたり、5度の変化音、3度の代わりに完全4度を使ったsus4(サスフォー)などのコードがあります。

(コード表記)
C C6 C△7 C(#5)C♭5 Csus4


○マイナー・コード
ルートと短3度、完全5度を組み合わせたコード。メジャーコードとの違いはを3度の音が半音低いだけです。マイナー・トライアド(短三和音)と呼び、メジャー・トライアドが明るく楽しい響きだとするとマイナー・トライアドは暗く、寂しい悲しい響きです。
マイナーコードにも長6度、長7度などを付加音としたコードも含まれ
ます。ルート音を大文字で書き、その横に小文字で「m」が入ります。

(コード表記)
Cm Cm6 Cm△7


○マイナー7thコード
マイナー・トライアドに短7度を加えた場合はマイナー7thコードといいます。ラのマイナーコード(Am)であらわすとマイナー7thコードは(Am7)となります。この場合ラ・ド・ミ・ソとなります。
ルートより上ではCのメジャーコードと同じ構成となります。メジャー・トライアドが作られる形なのでそれほど暗い響きの印象はありません。

(コード表記)
Cm7


○マイナー7th(♭5)コード
だんだん複雑になっていきますがマイナー7thコードの完全5度を減5度にしたコードがマイナー7th(♭5)コードです。減三和音(ディミニッシュ・トライアド)に短7度を加えたコードともいえ、ハーフ・ディミニッシュ・コードとも呼ばれることもあります。
コード的にはアクセントに使われますね。

(コード表記)
Cm7(♭5)


○ドミナント7thコード
メジャー・トライアドに短7度を加えたコードで5度の変化音や、
3度の代わりに完全4度使ったsus4などのコードも含まれます。
セブンスコードはブルースでも多く使われるコードですね。

(コード表記)
C7 C7(#5) c7(♭5)C7sus4


○デイミニッシュ(7th)コード
減三和音に減7度を加えたコードがデイミニッシュ(7th)コード。
減7度は場合によってダブル・フラット(♭♭)の記号を使用することもあります。異名同音程の長6度で記されることがよくあります。

(コード表記)
Cdim
音楽無料ガイドHOMEへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4412543
音楽無料ガイドHOMEへ