CD・DVDのリッピング

CDリッピングとは、容量の大きな音楽CDのデータをパソコンに取り込む作業をさしています。

CDの音声データはCD-Rを見ればわかるように700MBくらいアルバムならありますから、これを丸々入れていたらパソコンの容量が持ちません。

このときCDのデジタル音声データをPCで処理できるようにファイルの形式を変換して小さなものにしてあげなくては音声データは膨大な量になってしまい、ハードディスクを増やすとかしなくては持たなくなります。

そこで、普通取り込んだCDの音声データは(WAVEファイル)圧縮処理を施すのが一般的です。

代表的な音声の圧縮フォーマットには「MP3形式」というのがありますね。MP3なら約10分の1くらいのデータ量に小さくできるため、あゆもyuiもミスチルもアルバム曲全部入れてしまうみたいな、たくさんの楽曲を保存しておくことができるようになります。

音楽サイトからダウンロードするのもインターネットの速度は一度にどれくらいのデータを送れるかですから、圧縮していればより高速にダウンロードも可能になるというわけです。

自分の作った曲をメールに添付してバンドメンバーに送ったりもできるようになるわけですね。

このリッピング(ripping)とエンコードと呼ぶ形式変換を一緒にしてくれるソフトのことを「リッピングソフト(ripping soft)」とか「リッピングツール(ripping tool)」と呼んでいます。

唇に塗るやつじゃあないです。

リッピングをした音楽データは理論上は音質も劣化することなく、圧縮できるそうです。音楽の専門家が聞き比べてもわからないくらい。

しかししかしデータをいじるのでリッピングの環境によってはノイズがザーーってはいったり音楽を聴いていて音飛びがすることもたまに発生するそうです。今の所僕はリッピングして音飛びしたことはありません。

コピーコントロールCDはリッピング音楽のデータがCD-Rに焼かれ、インターネットにばらまかれて、音楽レコード会社の売り上げ低下に直撃したためでした。不評でしたねえ。

リッピングは何も音楽CDに限った話ではなく、DVDのコピーにも言えることです。音声なのか映像なのかの違いはあれど、データの圧縮をすることができるんですね。音楽著作権には気を使う必要がありますね。

こうしたリッピングソフトは無料で手に入るので一応紹介しておきます。
「DVD Decrypter」はDVDを丸ごとハードディスクにコピーできるフリーのリッピングソフトですし、「DVDFab Decrypter」はリッピング・バックアップソフトはさらに進んだ新型のコピーガードやプロテクトにも強いリッピングバックアップソフト。
DVDの圧縮リッピングなどもできる多機能なフリーのリッピングソフトでは「DVD Shrink」などもあります。
こうしたリッピングソフトは無料のソフト提供サイトで手に入ります。
音楽無料ガイドHOMEへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4389457
音楽無料ガイドHOMEへ