カンツォーネとは

カンツォーネ(Canzone)はイタリアで歌という意味だそうです。

なので日本ではイタリア民謡のことを指すことが多いですが、イタリアの人にカンツォーネといっても誰の?とかどのジャンル?という質問を返されてせっかくがんばったイタリア語も台無しなんだそうです。

日本の言葉ってそういうこと多いですよね。

フランスの流行歌のことをシャンソンと呼びますが、カンツォーネはこれのイタリア版といってもいい音楽ジャンルではあります。

最近の日本でのイタリアのポップスのことをさすときにはイタリアンポップスと呼ぶことが増えているので、カンツォーネはクラシック調の曲をさすことが多いようです。共通する認識として、流行の、露出の多い楽曲というよりも声楽とかクラシックとイメージがかぶさる人がほとんどです。

カンツォーネの代表曲は?となると、サンタ・ルチア、オー・ソレ・ミオ、帰れソレントへなどの日本でもよく知られたクラシック調の歌があがることがほとんど。

調べてみると、ボッビー・ソロやジリオラ・チンクエッティでその昔日本で大ヒットしたイタリアのナツメロを思い浮かべる人もいるようです。

ここに言葉の壁というか、面白さも感じますね。解釈の違いとか、海外と国内の文化の違いにまで話が広がりそうです。

日本にカンツォーネが持ち込まれた時には、イタリアのクラシック色が強い衆歌謡が広まったそうで、そのままのイメージで今まできたがために、日本人にはカンツォーネとはクラシックという観念が植え付けられているようです。
僕は難しいやつと思われますが、イタリアから来た時に負けまいと意地を張っていただけなので本当は親しみやすいポップな男なのです(生粋の日本人でした・・・笑)

カンツォーネ歌手はというと、三大カンツォーネ歌手と言われた、MIIVA(ミルバ)・ MINA(ミーナ)・ORNERLLAVANNONI(バノーニ)が有名歌手として上げられるんですが、この響きいいですね。三大何々っていいですよね。

僕も3代○○になってみたいなあ。なんだったら珍味でも何でもいいです。

三大カンツォーネ歌手にあげられる歌い手のMilva(ミルバ)は
イタリア出身で、母国イタリアではカンツォーネ歌手として誰でも知っている存在で、日本で言う美空ひばりさんのような存在らしいです。息子がカズヤという名前ではないと思います。

Milva(ミルバ)はシャンソン歌手としても活動しているカンツォーネ歌手です。

MINA(ミーナ)は
「ティンタレラ・ディ・ルナ」(月影のナポリ)と「砂に消えた涙」が有名なカンツォーネ歌手ですね。
音楽無料ガイドHOMEへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4389452
音楽無料ガイドHOMEへ