コンテンポラリー・クラシック・ステーション

OTTAVA(オッターヴァ)という音楽配信サイトをみていたら聞きなれない方式が出ていました。方式というと音楽配信の形式のことです。

「コンテンポラリー・クラシック・ステーション」という方式。らしくこれは単にOTTAVA(オッターヴァ)がクラシック専門の音楽チャンネルであるからそういっているのかと思ったら違うみたい。

ラジオ放送のフォーマットらしく、単純にいえば音がいいらしい。「コンテンポラリー・クラシック・ステーション」は最初は1992年にイギリスで開局したラジオ局ClassicFMが開発したシステムだそうで、ラジオで音楽を聴く人にとっては大事なその音質を向上させるシステムのようですね。

そういえば昔のラジオの劣ってドンシャリになってしまうのであえてレコーディングのミックスもそれを意識してイコライジングしたりして多様な、しないような・・・

まだ新しい方式で、OTTAVA(オッターヴァ)はTBSラジオ&コミュニケーションズが07年の4月から日本版を開局していてこれからひょっとしたら普及していくのかもしれません。

クラシックアーティストの楽曲を積極的にオンエアしている番組として注目を集めているOTTAVA(オッターヴァ)の売りはそこです。CD並みの音質が売りになっているようです。

自分で楽器やったりレコーディングする人ならぴんと来る話しですが、普通はああそう、って感じですけれど、テレビでいうところの地上デジタルはきれいだなあという感覚に近いでしょうか。

クラシックの音って繊細で鑑賞する人も耳が肥えていたりしますから愛称はいいのかもしれないですね。

どきどきするのが自分に聞いた時の差がわかるかなあって所。音質の差というのは聞き比べてみてもたまにわからないことがありますから、音楽をしている!といっている僕にとってはこれが聞き分けられないとちょっと恥ずかしい。
音楽無料ガイドHOMEへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4389372
音楽無料ガイドHOMEへ